UnibelPost -ユニベルポスト

好きなことテキトーに書いていく日記

WDの『My Passport Go (1TB)』をレビューする話。超小さいポータブルSSD。

f:id:LinkSyun:20201027015527j:plain

おはようございます。Syunです。最近ちょっと忙しくて更新が空いてしまいました。まあ別に誰が悲しむわけでもないので良いんですけど。

 

WDからポータブルSSDをいただきました

先日なんですが、ストレージでお馴染みのウェスタンデジタルさんがRTキャンペーンをやっていまして、なんとなーくRTしたらなんとポータブルSSDをいただいてしまいました。えっ?!?!?!マジで?! いや確かに旅行用にポータブルSSD欲しいなーとは思っていたけれど、ホントに当たるとは…。ありがとうございます……。

と言うわけで、もらったからにはせめてものお礼としてレビューでもさせていただこうと思い(余計なお世話)、今日は手短にレビューをしたいと思います。一応言っておきますが、プレゼントでもらったからと言って忖度して褒めちぎるレビューとかではなく、実際に使ってみて感じた本当の感想を書きました。いやマジでマジで。

そもそもポータブルSSDとはなんぞや

スポンサーリンク

 

 

もうご存じの方は飛ばしていただいてかまいませんが、ポータブルSSDってなんぞやと思う人もいると思います。

ポータブルSSDとは、文字通り持ち運べるSSDです。以上。

普通のSSDと比べ、持ち運ぶ用にそもそも作られているのでコンパクトだったり耐衝撃性に優れていたりします。

あ、一応超簡単に書いておきますが、SSDってのはパソコンのストレージ(データを保管する場所)として使われるパーツです。従来使われてきたHDD(ハードディスクドライブ)よりスピードが超早くて超壊れにくいです(適当)。昔は超高かったのですが、最近はかなり値段が下落してきています。128GBを2万円で買ってた時代が懐かしい。でも最近はUSBだってSDカードだって大容量になっているし、それより大きいポータブルSSDを持ち運ぶ必要ってあるの?と思う方もいるかもしれません。

ええ、もちろんありますとも。その理由としては主に

・速度が早いこと

・容量が大きい

・耐久性に優れている(データ的にも物理的にも)

などです。本体は少し大きいですが、USBなどに比べて速度が格段に早く、なおかつ大容量で、SDカードなどに比べるとデータが消し飛んだり破損したりしにくいのが利点です。まあフラッシュメモリなので何年も通電せずにデータ保存は出来ませんので悪しからず。

My Passport Go

で、今回いただいたのはMy Passport GoというポータブルSSD。 500GB/1TB/2TBの3モデルありますが、今回いただいたのはなんと1TBえ?1TBもいただいて良いんですか…。色は選べないとありましたが青をいただきました。青好きなんで嬉しいっす。

主な仕様…と言うほど項目はないのですが、詳しくは公式HPを見てください(丸投げ)。

shop.westerndigital.comちなみにUSB3.0と書いてありますが、これは表記が古いだけで、今で言うところのUSB3.1Gen1と同じです。確か。

外観

f:id:LinkSyun:20201027015518j:plain

では早速開けてレビューしていきます。パッケージはこんな感じ。パッケージの段階からものすごく薄く小さく、そして軽いです。ホントにこれ中身入ってんのかよ…。

f:id:LinkSyun:20201027004107j:plain

じゃーん、こちらが表面。

ロゴの他に何やら斜線が掘ってあります。

写真では伝わらないのですが、黒い部分は普通のプラスチック、青い部分は少し柔らかいゴムのような物質になっています。スマホケースの素材に近く、落とした時に衝撃を吸収してくれる効果があるのだと思います。

f:id:LinkSyun:20201027004611j:plain

で、こちらが背面。

USBケーブルが埋め込めるように凹みが出来ています。これによって一枚のカードのように持ち運ぶことが可能です。

f:id:LinkSyun:20201027004808j:plain

ケーブルは10cmほど。普通のUSB3.1(Gen1)ケーブルです。本体からケーブルは外せません。

スポンサーリンク

 

とてもコンパクト

f:id:LinkSyun:20201027005156j:plain

使う前の感想としては、こいつめちゃくちゃコンパクトです。小さいです。

身近にあったものと並べてみました。

1TBのSSDがボールペンより小さいサイズで持てるというのは驚きです。2.5インチのSSDよりも小さい……!さすがにクレジットカード大とは言いませんが、サイズも薄さもスマホより小さいので持ち運ぶにはとても便利です。

ワイシャツの胸ポケットに入れることも出来そうですね。なくしそうなのでやらないけど。

速度もかなり出る(実測値)

最初からフォーマットされているので普通のUSBメモリのように挿すだけで使うことが出来ます。

では肝心の速度の方を見ていきましょう。

オタクにお馴染み、CrystalDiskMarkで速度を測ってみました。

f:id:LinkSyun:20201027005840p:plain

1GiB

f:id:LinkSyun:20201027005843p:plain

8GiB

f:id:LinkSyun:20201027005846p:plain

32GiB

f:id:LinkSyun:20201027005848p:plain

64GiB


公式の理論値はリード/ライト共に400MB/sですが実測値ではそれ以上の速度が出ました。これは早い!

一般的なUSBの速度が速くても150MB/s、PC内蔵用の2.5インチSATA SSDが550MB/sと考えると、なかなか良い速度です。

容量が大きくなってもシーケンシャルアクセスが変わらないのもグッドポイント。シングルのランダムアクセスが下がるのはまあ仕方のないことでしょう。

 

例えば旅行先で撮影したデータをSSDにバックアップするとか、大きなデータを対面で手渡しするとかする際にはUSBやSDカードでは時間がかかりますが、このSSDを使えば理論上は4分の1程度に時間削減できますね。これはかなり良い感じ。

 

専用ツールつき

この製品には専用のソフトが付属しています。

f:id:LinkSyun:20201027011243p:plain

SSD内にあらかじめインストーラが入っており、これをクリックするだけでインストール完了です。Mac用とWindows用がありますね。

f:id:LinkSyun:20201027011316p:plain

名前は WD Discoveryと言うようです。

f:id:LinkSyun:20201027011345p:plain

インストールは数十秒で完了しました。

f:id:LinkSyun:20201027011409p:plain

インストール完了すると画面右側に常駐するようになります。

このソフトは画像にあるようにクラウドデータをSSD内にコピーできるのがウリのようです。ソフト内でOneDriveなど各社クラウドサービスにログインし、あらかじめクラウド内のデータをSSDに入れておくことでネットに接続できないような環境でもクラウドのデータを使うことが出来るというものとのこと。なるほど。確かに便利かも。私は旅行先で撮影したデータの一時保存先としてしか使ってないので試したことはありませんが、割と需要がありそうな機能ですね。

そもそもUSBにデータを入れて持ち歩くのが億劫だったり危険だからクラウドサービスが普及したわけで、クラウドデータをリアルに持ち歩くというのは本末転倒なのでは…というツッコミはしてはいけない。

今時USB Type-Aかぁ……

こんな感じでコンパクトだし、早いしで結構愛用させていただいているのですが、ひとつだけ難点が。

それが端子がUSB-Aだと言うこと。

僕は普段。外部入力端子がUSB-CしかついていないノートPCを持ち歩いていますし、スマホの端子もUSB-Cです(Lightning?知らない子ですね)。

ですのでポータブルSSDもUSB-Cであればそのまま接続できたのですが、この製品はUSB-A……!接続するのに毎回変換アダプタが必要になります。

もらっておいてこんなこと言うのもアレなのですが、正直これがすごいめんどくさくて使いにくいです。毎回アダプタを付けなきゃ接続できないし、アダプタ小さいからどっかなくなっちゃうし…。

確かにUSB-Aであれば大概のパソコンやら据え置き型ゲーム機に接続することが出来て互換性は高いです。需要もこっちの方があると思います。

しかし、最近はMacBookに代表されるようにUSB-Cしか搭載しないパソコンも増えていますし、AndroidスマートフォンなんかはほとんどがCなので、もしこれがUSB-Cであればかなり多くの機器にアダプタなしでつなげられたと思います。

これからはUSB-Cが主流になっていくと思いますので、正直時代遅れ感はあります。もし最新パソコンでポータブルSSDを使いたいとか上げている人にはこの商品はオススメできません。

調べたらSanDiskウェスタンデジタルの子会社です。中身も実質同じです)がC to Cケーブルが付属したポータブルSSDを出しているようです。これより高性能で値段も上がりますが、最新環境で使いたいのであればこっちがおすすめ。

 

スポンサーリンク

 

結論:めっちゃ便利

ということで使ってみての感想を書いてみました。

先日関西の方面へ旅行に行きまして、その際に一眼レフで撮影した写真を保存するために使ってみたのですが、かなりスムーズにデータの移行も行えて(SDカードから転送だったのでそこまでスピードは出ませんでしたが)、なおかつ大容量のくせにコンパクトなので鞄の中でかさばることなく、かなり便利でした。旅行は持ち物がコンパクトであればあるほど良いので、このポータブルSSDはとても利便性が高く旅行にうってつけの製品です。

別にタダでもらったからってわけじゃないですが(ホントだよ)、USBやSDカードを何個も持ち歩くよりはこのSSDひとつ持ち歩いた方が便利なんじゃないかなと思います。

ただし、先ほど述べたように端子がUSB-Aなのと、コンパクトすぎて紛失しそうなのが問題です。SSD内に連絡先を書いた画像データでも入れておくべきですかね。

 

値段は1,3000円前後と同量のSATA SSDとそこまで変わりませんし、もしコンパクトでUSB-AのポータブルSSDをお探しの方はこれを候補に入れてみても良いのではないでしょうか。

購入はこちらから

 

500GBモデル

1TBモデル

 

2TBモデル

イエローモデルもあるよ

 

ということで今日は頂き物のポータブルSSDのレビューでした。今日からちょくちょく更新再開したいと思うのでどうぞよろしく。ではでは。

 

 

 

Twitterで感想を共有したり、ブログに☆(はてなスター)をつけてくれたりすると筆者は泣いて喜びます。それとTwitter(下記)をフォローすると更新情報がすぐ受け取れるのでオススメです(露骨な宣伝)。

更新情報(@Unibel_Post)

twitter.com

管理人/筆者 (@Link_syun)

twitter.com