UnibelPost -ユニベルポスト

好きなことテキトーに書いていく日記

SeagateのFireCuda 510をレビューする話。クリエイター&ゲーマー向けの高耐久SSD

f:id:LinkSyun:20210819154725j:plain
おはようございます。Syunです。まだまだ暑いですね。熱中症とパソコンのサーマルスロットリングにお気を付けて。さて、今日はSSDのレビュー日記です。

 

  • SeagateさんからSSDを・・・いただきました。
  • 「FireCuda 510」の特徴
    • 圧倒的な耐久性
    • 無償でデータ復旧
  • 開封
  • 取り付け・読み込み
    • 取り付け
    • ドライブとして読み込む
  • 使ってみた
    • FireCuda 510ベンチマーク
    • SATA SSD/HDDと比較
      • ゲーム起動
      • 軽いゲームはあんまり。プレイ中に差を感じることはある。
    • SATAとNVMeで起動速度対決
      • 動画編集は読み込みが早くて便利
    • 普段使いしてみて:フリーズがなくなった
  • まとめ:創作・ゲーム用ストレージにおすすめ
    • いいところ
    • 微妙なところ
  • 購入はこちらから

SeagateさんからSSDを・・・いただきました。

先日なのですが、HDDとかSSDでお馴染みのSeagateさんから「FireCuda 510」というNVMe SSDをいただきました。

なんでも、なんとな~く応募したSeagate SSDもらエール・キャンペーン」というのに当選した模様。まさか当たるとは思っていなくて、応募したことすらすっかり忘れていました。

私のメインPC(自作だよ)は某社のSATA SSD 256GBをCドライブにしていたのですが、最近さすがに容量が足りなくなってきていて、ちょうど新しいSSDの購入を検討していたのでした。いや、本当に助かります。Seagateさんありがとう・・・。

 

今回はいただいた「FireCuda 510」のレビューを書こうと思います。なお、私はSSDにそこまで詳しくはないので(さすがにTLCMLCの違いくらいは分かるけど)、主にゲームやOfficeなどの普段使いをメインにレビューしていきます。

一応提供という形にはなりますが、いいところ悪いところは出来るだけ率直に書いていきます。ベタ褒め一辺倒の偏ったもの書くとそれはそれで怒られる気がするので。

 

「FireCuda 510」の特徴

f:id:LinkSyun:20210819154750p:plain

まず実機レビューに入る前に、「FireCuda 510」の特徴についてまとめておきたいと思います。

基本性能を表にしてみました。

FireCuda 510

サイズ

M.2 (Type2280)

規格

PCIe3.0 (NVMe)

NAND

TLC

容量

1000GB

読み込み速度

3450MB/s

書き込み速度

3200MB/s

平均故障間隔(MTBF)

180万時間

TBW

1300TB

 

最近主流となりつつあるNVMeのSSDですね。速度に関しては他PCIe3.0のSSDと大差なく3000MB/s越えです。早い。ちなみに、従来の2.5インチSSD(SATA)の最大速度は早くても550MB/sぐらいなので、理論上はFireCuda 510の方が6倍くらい早いです。最近はさらに2倍くらい早いPCIe 4.0対応SSDが登場して霞みがちですが、3.0もめちゃくちゃ早いんですよね。

サイズも主流のType2280で、採用NANDもTLCと一見他社製と違いはなさそうに見えます・・・。が、ここで注目して欲しいのは圧倒的な耐久性です。

続きを読む

iMacが熱くなるので無理やりファンを外付けして冷却した話

f:id:LinkSyun:20210728015125j:plain

おはようございます。Syunです。先日白いTシャツを着ていながらカレーうどんを注文してしまいました。

  • iMacが熱いのよ
  • 買った物
    • ケースファン 2つ
    • ケースファン用二股ケーブル
    • USBからファン用4ピン端子 変換ケーブル(昇圧出来るヤツ)
  • iMacにファンを無理やり付ける
    • 1,背面にファンを付ける
    • 2,USBケーブルを接続
    • 3,ケーブル類整理
    • 4,動作チェック
  • ベンチマーク取ってみた
    • 通常(ファンなし)
    • ファンあり
  • 終わりに

iMacが熱いのよ

f:id:LinkSyun:20210728025936j:plain

結構前に知人からiMac 2017 21.5インチ 4Kモデル(正式な名前があったはずだけど忘れた)をお安く譲っていただきまして、Adobe CCとか映画鑑賞とか動画編集に使っています。

Fusion Driveがとにかく遅すぎてストレス!…と言う話はまた別の日記に書こうと思うので置いておいて、このiMac、重い処理をするとめちゃくちゃ熱くなるんですよね。まあこんな薄い筐体に色々詰め込んだらそりゃ熱くなるだろという感想しかないのですが。

で、コンピュータが熱くなると懸念される問題は何でしょう…?

そう、サーマルスロットリングですね。

詳しく解説する必要もないでしょうが、サーマルスロットリングというのはCPUやSSDが熱を持ちすぎて熱暴走を起こすのを防ぐため、熱くなったら意図的に性能を落とす機能です。ありがたい存在と言えばそうなのですが、冷却が上手くいっていないパソコンだとただ作業しているだけで性能がどんどん落ちてくるので困りものです。

んで私のiMacなのですが、つい先日、動画のエンコードをかけて(時間がかかるので)別室で昼食を食べながら放置していたらサーマルスロットリングっぽい症状が出まして。エアコン切った蒸し暑い部屋に置きっぱにした私も悪いとは思うのですが。

これが頻繁に出ると作業に支障が出るし、なによりコンピュータ自体に悪いです。100度くらい発熱してると思うので、このままでは壊れるのも時間の問題。

スポンサーリンク

 

続きを読む

SONY『WF-1000XM4』を前モデルXM3と比較レビューする話。これはTWSの王者。みんな買え。

f:id:LinkSyun:20210627023041p:plain
おはようございます。Syunです。最近何かと忙しくてブログもまともに書けません。ストレスで一ヶ月5kg痩せました。喜んで良いのか悪いのか…

さて、そんなことより25日発売のWF-1000XM4を購入したのでレビューします。ただレビューするだけではなんかつまらんので、前モデルのWF-1000XM3と比較してみました。

  • WF-1000XM4について
  •  SONYストアでお買い上げ
  • 開封
  • デザイン
    • 小さい本体
    • 小さいケース
  • 実際に使ってみた
  • その他、XM3からの進化点
    • ワイヤレス充電が出来るらしい
    • 防水はうれしい
    • 通話の声がクリアになったらしい
    • 電池持ちが良くなったらしい
  • まとめ:3万の価値あり。みんな買え。
  • 購入はこちらから

WF-1000XM4について

f:id:LinkSyun:20210627023316j:plain

今日レビューするWF-1000XM4(以下MX4)についてですが、どうせどっかの大手メディアが詳しい記事書いてるので特にスペックとかはまとめなくてもいいかな・・・(手抜き)。詳細を知りたい人はググってください。公式サイトはこちら。

超簡単に説明すると、XM4はSONY6月25日に発売した完全ワイヤレスイヤホンです。SONYTWS(完全ワイヤレスイヤホン)にはいくつか種類があるのですが、その中でも一番上に当たるモデルで性能も良いし値段も最上級になってます。競合としてはAppleAirPods ProやSamsungのGalaxy Buds Proなどが当たるのではないかと。

その競合の中でも1位とよく評価されていた前モデルのXM3を昨日まで使っていたのですが、新モデルはそれ以上の音質とノイズキャンセル機能搭載という話だったので即日購入しました。

ちなみに、WF-1000XM4は「ダブルエフ せんエックスマークフォー」と読むと思われます。SONY製品名の語尾に付く数字は大体マークなんとかと読むようですね。なんだろう、いい加減製品に型番みたいな名前付けるのやめてもらっていいですか・・・?

スポンサーリンク

 

続きを読む