UnibelPost -ユニベルポスト

好きなことテキトーに書いていく日記

初代Pixelは無制限無圧縮でGoogleフォトに写真をアップできるらしい・・・ので実際に買って試してみた話

f:id:LinkSyun:20210420165721j:plain

おはようございます。Syunです。昨日木綿豆腐と絹ごし豆腐を間違えて買ってしまいました。

  • 初代PixelはGoogleフォト無制限・・・?
  • アメリカから輸入
  • 初期設定しよう
  • Q1,無制限無圧縮の対象なのか
  • Q2,他端末の写真は無制限無圧縮の対象か?RAWは?
    • 他端末の写真を用意
    • PixelにUSBで転送
      • ※外部ストレージから直接アップは無理っぽい
    • バックアップしたものを検証
  • Googleドライブの容量は使わないのか
  • まとめ:噂は本当だった。無制限無圧縮でアップ可能!
    • 注意
  • おまけ
    • 性能
    • デザイン
    • 技適には気をつけよう!

初代PixelはGoogleフォト無制限・・・?

f:id:LinkSyun:20210420165603j:plain

先日ちょっくら書いたとおり、2021年6月1日から今まで無料無制限だったGoogleフォトへの写真のバックアップが終了し、今後はGoogleドライブの容量を使うことになります。困りましたね。

なお、Googleが作っているスマートフォンであるPixelシリーズは今後もある程度は無料バックアップできるそうで(多分1年ぐらいで切られるのでは)、私はPixel4aを持っているため一安心。

で、その詳しい条件とかを調べていたところ、なんと「初代Pixelは永久的に無圧縮無制限でアップロード可能」という噂を耳にしました。確かにGoogleの公式ページにはPixel2以降の話しか書いておらず、Pixel1発売時のうたい文句が「無圧縮でGoogleフォトにアップ可能」だったので、変更されていなければそういうことにはなりますが・・・。ソースがRedditなのでそこまで信憑性はありませんけども。

そんでまー、ちょっと気になったので実際に初代Pixelを買って色々試してみました。古い端末で安かったしね。

続きを読む

HHKB lite 2 を分解して掃除+シリコンスプレー塗布で打ち心地の改善を図る話

どうもおはようございます。Syunです。

  • HHKBを掃除するよ
  • 分解しよう
  • 水洗い
  • シリコンスプレー+組み立て
  • 清掃完了・打ち心地が良くなった

HHKBを掃除するよ

f:id:LinkSyun:20210406175732j:plain

結構前のことなんですけど、知り合いからいらないHHKBをいただきましてね。HHKB Lite 2とかいう古くて一番安いやつ(もう販売終了しています)なんですけど、まあまだ使えるのでサブのキーボードとして使っていました。ただなんというか打ち心地が悪いというか、何だかチャカチャカ鳴ってイマイチ使いにくいんですよね。現行モデルは東プレの静電容量無接点方式を採用していますが(つまりキーはRealForceと一緒だったりします)このモデルはメンブレンで打ち心地が段違いに良くないと言うのはそりゃもちろんなんですけど、せっかくなので快適に使うためもうちっとどうにかならないか調べていたらキーの軸にシリコンスプレーを塗布するという話を聞きました。なるほど、このくらいだったら俺にも出来そうだし、ついでに大分汚れているであろう内部も掃除しよう・・・てなことで今回は掃除とシリコンスプレー塗布をやってみたので書きます。

分解しよう

さて、では早速分解します。

今回掃除用に用意した道具はこちら。

f:id:LinkSyun:20210406175904j:plain

FILCOキートップ引抜用工具とエアダスター

 

キートップを引っこ抜くのは別にクレカみたいな堅いプラスチック板でいいらしいのですが400円で安かったので絶対安全なこっちを選んでみました。あとは埃を吹き飛ばす用のエアダスター

f:id:LinkSyun:20210406180159j:plain

続きを読む

iPod miniを改造して128GBのmicro SD仕様にしてみた話

f:id:LinkSyun:20210310002909j:plain

おはようございます。Syunです。

  • 偉大なる過去の発明品iPod を改造するよ
  • iPod miniと改造用パーツを用意
    • iPod mini 第二世代 4GB
    • CFアダプタ
    •  交換用バッテリー(ドライバー付き)
    • microSD 128GB KIOXIA製
    • SDカード変換アダプタ
  • 分解の儀
    • 上下を開ける
    • 基板を取り出す
    • バッテリー・ストレージを外す
  • microSDのフォーマット
  • バッテリー・ストレージ取り付け
  • 組み立ての儀
  • 設定・同期をする
  • 完成、ロマンを満たすiPod。いらないけど
  • 参考

偉大なる過去の発明品iPod を改造するよ

今日は前置きが長いので興味ない人は下まで飛ばしてね

アメリApple社はIT界に革命を起こした3つの偉大なる発明(正確に言えば実用化)をしたという事はITに関わる人間なら多分誰でも知っている事実でしょう。GUI、クリックホイール、マルチタッチの3つですね。GUIMacintoshに初めて搭載され今ではWindowsをはじめありとあらゆるIT機器がGUIを採用していますし、マルチタッチを搭載したiPhoneが発売されたことによりスマートフォンが寄り普及し日常生活が変わったのは言うまでもないでしょう。ではクリックホイールは・・・?

クイックホイールはiPodにて実用化され、その使いやすい操作から大ヒットに大ヒットを重ねSONYウォークマンと共に一般人が音楽を聴く環境を一変させた素晴らしい発明です。くるくると優しくタッチしながら曲を選んだり音量を操作したりするこの発明は後に出てくるマルチタッチには劣りますがボタンをポチポチやるよりよっぽど直感的で大変使いやすく便利です。まあ、iPodが売れた要因としてはクイックホイールよりもHDDを積んでたからパソコンに入ってる音楽データを全て持ち出せるという点の方が大きい気もしますが。

しかし、もうスマートフォンが普及したこの令和の世の中。iPodが普及してポータブルCDプレイヤーが衰退したように、iPodiPhoneをはじめとするスマホによってかなり衰退しました。今ではもはやパソコンに入っている音楽データをスマホに同期して持ち運ぶという概念すら時代遅れとなりつつあり、モバイルデータが届くところであればAppleMusicやSpotifyで音源をストリーミングすることで外出先でも音楽を楽しむことが可能になっています。ちなみに私は未だにストリーミングに切り替えることが出来ずiPhoneに音源を同期させている時代遅れ人間です。そんで、普段Spotifyで洋楽を聞いてかっこつけている(くせに英語が話せない)弟にiPodを知っているか聞いてみたところ、「聞いたことはあるがどんな物かは知らん」という答えをいただきました。なるほど、そりゃ知らんだろうな。物心ついたことには世の中にiPhoneがあったわけだし。

 

私もデジタル機器を弄るようになったのはもうスマートフォンが普及した後でそこまでiPodに思い入れがあるわけではありませんが、受験生の時に塾から「スマホで音楽聴くのはSNSを見てるのと見分けがつかないから禁止」という謎ルールを付けられ中古のiPod秋葉原で買って1年ほど使った事がありました。先日遂に「iPod touch終売でiPodシリーズ販売終了か?」というツイートを見て懐かしく思い色々Wikipediaなどを読んでいたところ、iPod classicとminiはSDカードをストレージとする大容量化改造が可能』というブログをいくつか見つけました(やっと本題にはいります)。

別に大容量のiPodが欲しいわけではありませんが、なんとなく面白そうだなと思ったので今回は比較的簡単らしいiPod miniを改造して128GBの大容量にしたいと思います。特に意味はありません。趣味です。でも結構お金をかけたのでブログのネタにはしてやろうということで今これを書いています。

簡単に改造内容を言うと、iPodはminiだけストレージの端子がCFと共通で(実際に積んでいるのはHDD)物理的にCFにストレージを差し替えることが可能だそう。そこでmicroSD→CFの変換アダプタを使って大容量化をしようってわけ。ちなみにCFってのはコンパクトフラッシュの略です。SDカードより前のフラッシュメモリの規格でした。今でも高級一眼レフなどではCFを採用しているメーカーも多い(転送速度がSDより早いので)。

それでは前置きが長くなりましたが改造の記録を書いていきます。

スポンサーリンク

 

iPod miniと改造用パーツを用意

続きを読む